勉強会(少年・青壮年部)

もどる

   
 詩吟の勉強会が
     開催されました。

     主催:兵庫中央岳風会
       少年・青壮年部

 平成24年11月4日(日)、会場を
 いつもの兵庫駅前から新長田の勤労セ
 ンターに移して、少年青壮年部主催の
 勉強会が開催された。参加者は約20
 名。
 今年度の講師には、副会長・理事長の
 岩野岳照先生と浪速岳風会・青年部部
 長の中野神風先生のお二人が当られ
 た。

 先ず第一講は、岩野岳照先生による
 「子音・母音の発声、発生」について
 で、図解入りの詳しいレジメを配布し
 ての講義であった。「イ」「エ」
 「ア」「オ」「ウ」夫々の口の形、舌
 の高さ、発声の支点を図を指示しての
 解説。撥音や子音・鼻濁音の発声法に
 ついても、詳しく説明された。岩野岳
 照先生が編集され平成23年に教務部
 より発行された「吟詠の呼吸法と発
 音・発声」をご覧頂くと、良い復習に
 なると思う。

 第二講は、中野神風先生による“王翰
 作涼洲詞”を題材にした「吟詠の実技
 指導」であった。吟ずる前に先ずは朗
 読する事が大切である、と先生は言
 う。詩の意味を理解し感情を込めて読
 む、それもややオーバー気味に読んだ
 方が感情が入り情景が浮かぶ。

 参加者の一人ひとりが朗読し、修正指
 導された。
 
朗読が済んで、吟詠の個人レッスン
 を受けた。「息継ぎの場所ではしっか
 り間を開けて息を吸う、助詞の強弱に
 よって前後の言葉が分離してしまう、
 しっかり母音に返さ ないと音が浮き
 気味になる」などなど個別に丁寧に指
 導を受けた。
 日常の練習で、あまり意識しないでい
 た事の改めての指導で、随分勉強にな
 ったし今後の吟詠に生かさねばと思
 う。
        (広報部)
   
   
   
     
     
     

ページトップへ