●愛連一部一般吟士権決定大会

本部紹介/活動計画 / 活動状況 / 支部紹介 / 視聴室 /  TOP

                                                        もどる

 第67回愛国詩吟総連盟第一部吟士権者決定詩吟大会
             松浦慶治さん、準吟士権者に。  平成24923

 
昨夜半より激しく降り続いた雨も午前9時には上って、凌ぎ易い一日となった秋分の日の翌日、愛国詩吟総連盟第一部(一般の部)吟士権者決定詩吟大会が開催された。
愛連は、愛知・三重・福井・滋賀・京都・大阪・奈良・和歌山・兵庫・鳥取・岡山・広島・徳島・愛媛の
14府県より構成され、70年超の歴史を誇る連盟である。
この大会は、各々の府県大会(県連本選)を勝ち抜いた吟者約400名が、尼崎アルカイックホールとオクトホールの2会場において開催され、1ブロック50名の各会場4部(計8部)に分かれて決勝進出を賭けて、日頃鍛錬された吟声を競う大会で有る。兵庫中央岳風会からは、7名の吟者が出場された。
出場吟者の流石に鍛えられた喉、調和の執れた節調は見事なもので、甲乙付け難い優秀吟者ばかりであった。その中から決勝へ進むのは、各部から2名の計16名のみで、組合せの運・不運も有る思われた。


特に第二会場(オクトホール)第二部は、兵庫県勢の優秀吟者が数多く集まり、
星の潰し合いの感が有った。組み合わせの抽選方法に一工夫が必要である。
そんな中で、兵庫中央岳風会からは、濱崎加奈子(輝岳)さんと松浦慶治(慶風)さんが決勝に進まれ、松浦さんが見事に準吟士権者に輝かれた。濱崎さんは惜しくも
11位であった。

兵庫中央岳風会吟者の成績は次の通り(敬称略)。
 
準吟士権者 松浦 慶治
 
決勝11位  濱崎加奈子
 
入賞    土居圭子、久田雅美、白尾道雄、横山寿恵

                                               以上(広報部)

もどる