第11回ジュニア・シニア燦々優勝者決定詩吟大会

厚生労働大臣賞 第11回ジュニア・シニア燦々優勝者決定詩吟大会 ルポ
                           令和元年7月28日

梅雨も明け好天に恵まれた7月28日(日)、愛国詩吟総連盟主催の「第11回ジュニア・シニア燦々優勝者決定詩吟大会」が尼崎市のアルカイックホール・オクトとアルカイックホール・ミニ(玉翔の間)の2会場において開催された。
 時代のニーズに応えて次代を担う若い世代の健全な育成を目的としてジュニアの部を、高齢者に生涯教育の一環として気力・体力の増進はもとより、明日に向かっての夢と希望の保持を願ってシニアの部を設けられた本大会も回を重ねて第11回目を迎えた。
 愛知県以西16府県の、満75才以上が対象のシニアの部の出吟登録は207名、永きにわたり熟練された吟が披露された。また義務教育者が対象のジュニアの部の出吟登録は92名、若さあふれる元気一杯の吟声が会場一杯に響き渡った。
 ジュニアの部、シニアの部とも各会場の前半と後半の部より成績上位者各3名、それぞれ12名が第一会場のアルカイックホール・オクトにおいてあらためて決勝吟詠に臨み、優勝者から五位入賞者までを決定した。

兵庫中央岳風会の成績は次の通り。(敬称略)
● シニアの部 入賞 島本清晴
                                                   (広報部)

 
 シニアの部 入賞 島本清晴 さん         大会委員長挨拶:北側哲水愛国詩吟総連盟理事長