三宅勁岳先生の教場を訪問しました

三宅勁岳先生の教場を訪問しました ルポ
                          平成31年3月7日

 三寒四温、東大寺二月堂ではお水取り行事真最中の3月7日、三宅勁岳先生担当の清風支部を訪問した。
 この支部は平成27年11月担当師範が未だ師範代の時、菅岳梢先生のもと、昔の仕事仲間が彼を支援して出来た支部との事である。支部立ち上げ当初は、辻村岳邑先生の好意で、辻村塗装工業(株)の事務室を借りて練習を開始。現在は練習場所を神戸文化ホール練習場に移している。その後少しの変遷は有ったが、発足当初の3名にホームページを見て加入した1名を加え、支部員数4名で活動されている。
練習は母音の発声から始まった。この支部では「あ、い、う、え、お」に「ん」を加えている。素読はアクセントの位置を意識し、抑揚を付けて語るように読むことを重視されていた。また詩文の意味を理解する事。発声時には口をシッカリ開け、お腹の底から声を出すこと。など基本を忘れぬよう指導されていた。
練習が終わった後は、有志が近くの居酒屋へ直行。このひと時も清風支部の楽しみの一つだとの事でした。
       
                     三宅勁岳先生を囲んで!

  
     ご指導中の三宅勁岳師範                   伊藤飄風師範代

  
      飯田輝泉さん                         大久保雄泉さん

  
        𠮷田真泉さん                       練習後のお楽しみタイムです