平成29年度  第六ブロック吟詠大会に参加して

平成29年度 第六ブロック吟詠大会に参加して (投稿)

                   宝塚小林支部 支部長 藤井青風

 好天に恵まれた平成29年12月3日(日)神戸木材会館大ホールに於いて第六ブロック吟詠大会が開催されました。会場設営もてきぱきと進められ、朝から会員のみなさんのやる気も十分です。会場準備も整い、会長、名誉会長を始め、本部役員の先生方、来賓の先生方のご臨席を賜り、9時30分開会宣言。
国旗礼拝から式次第は進み、会員吟詠が始まりました。
    
 普段の成果を発表すべく各位の熱吟が続きます。何人かの欠席もありましたが、60余名の吟詠が終わりました。ここで最後に出場され、今年めでたく百歳を迎えられた苦楽園第一支部の松尾光枝(光岳)さんが内閣総理大臣、兵庫県知事、西宮市長から長寿でのご活躍を記念して表彰されたことが紹介されました。その賞の中から内閣総理大臣よりの賞状とその銀杯が披露されました。松尾さんは大正6年生まれで、昭和57年に本岳風会に入会され今日まで35年間、元気に稽古に励んでおられます。詩吟が健康長寿の秘訣でしょうか、私たちも見習わねばと思います。
  
 ここで大会委員長 甲斐志岳先生と兵庫中央岳風会会長 岩野岳照先生よりご挨拶をいただきました。これで午前の部は終了しました。
 昼食休憩をはさみ午後の部は構成吟「頼山陽の詩跡を辿(たど)って」から再開されました。歴史家であると共に日本屈指の漢詩人。頼山陽の名詩を独吟、連吟、詩舞で山陽の詩情を辿りました。続いて第六ブロック師範、役員先生方の吟詠、来賓の本部先生方の漢詩、和歌、俳諧歌の模範吟に接し皆さん大変勉強になったことでしょう。これからもより一層の吟技の向上に努めねばと思いました。
 大会副委員長の閉会の辞、本部名誉会長 立脇岳堯先生の万歳三唱で第六ブロック吟詠大会の部は全て終了しました。
  
 後は恒例の懇親会に移りました。各教室チームによる歌ダンスあり、健康体操あり、寸劇あり、あとカラオケと、大盛会裏に大会は終了しました。第六ブロックは来年に向けて益々の吟の向上発展を心に誓い、一同輪になり恒例の合唱をもって友情を深め散会となりました。
 ご来賓の先生方々、出席のみなさん誠に有難うございました。
   構成吟出演者
    

    

    

   

  

        楽しい懇親会