久田柊風さん吟士権獲得祝賀会

  久田柊風さん吟士権獲得祝賀会 ルポ 

                      平成29年10月21日

 沖縄南方海上の台風21号が秋雨前線を刺激して終日雨模様の10月21日、去る7月9日に行われた、平成29年度兵庫県吟士権者決定吟詠大会第一部(一般の部)=(通称:県連一部本選)に優勝された、久田柊風さんの吟士権獲得祝賀会が兵庫中央岳風会主催の下、旧居留地第一楼に於いて兵庫中央岳風会と日本詩吟学院認可県下5団体の役員や先生方および同門吟友の総勢101名の参集を得て盛大に開催された。

 久田柊風さんは20年前に詩吟をされていたお義母さまの勧めで菅岳椿先生に入門、一時期は子育ての為休会されたがその後復帰、最近は各種大会において数多く上位の成績を重ねてこられた実力派。県連では直近7年連続の決勝進出の末にこの度の栄冠獲得となったもの。
  
 出席者全員で記念撮影の後、小野岳礼副会長の司会・進行で祝賀式典が開始され、岩野岳照会長のお祝いのご挨拶に続き、久田さんの恩師の菅岳椿先生のご挨拶(臨席されていたが、体調の関係で菅岳梢先生が代読)があった。
  

 
 その後、本部からの記念品と花束が岩野会長、渡辺岳蒔副会長より贈呈され、出席者一同や第5ブロックおよび菅門下生からも記念品と花束が贈られた。また恩師菅岳椿先生より久田さんに記念品が贈られ、久田さんからは感謝の花束が返礼された。
 

 久田さんよりお礼の言葉があり、子育てと詩吟の両立に悩んだ時期や、県連決勝で3年連続2位と吟士権にあと一歩に迫りながら到達できなかった苦しい時も、恩師や多くの先輩吟友そして家族に支えられて乗り切ることが出来たこと等、時に声を詰まらせながらの感謝の言葉となった。
            
 久田さんにより今回の県連決勝課題詩「近江八景」の吟詠が披露された後、立脇岳堯名誉会長のご発声で乾杯、祝宴が開始された。兵庫中央岳風会11人目の吟士権者誕生の喜びで、出席者一同終始和気藹々の雰囲気で祝宴は進み、最後に全員で万歳三唱して祝賀会は散会となった。
  

                                                                                       (広報部)