平成29年度 第二ブロック吟詠大会を終えて

平成29年度 第二ブロック吟詠大会を終えて(投稿)

             新宮川支部 師範代・支部長  小澤章風

 平成29年10月1日(日)神戸木材会館5階ホールにて第二ブロック大会が開催されました。
 早朝から会場設営、接待の用意、マイク、机の白布など役員の先生方や皆んなで準備していきましたが役員の先生方のご苦労や大変さが感じられました。
 音響係の私、間違わないように両側の先生を見習いながら緊張してCDの操作をしておりました。
 午前中の会員吟詠は緊張するなかにも落ちついた、また堂々とした吟詠をされていました。
 昼食後は「烏江亭に題す」の剣舞と構成吟「李白と杜甫」です。
 構成吟の練習は猛暑の5月21日から5回設けられ水木集会所に集合、奥岳昌先生から吟詠、舞台マナーなどのご指導をいただきました。練習日には各役員の先生方も出席されお世話になりました。私も構成吟で詩聖と称される杜甫の晩年の名作と言われる「登高」を同門下の梅室敦風さんと吉田岳頌先生の教室で練習しましたが、出だしの「風急に~」から言葉の言い方や早読みを直されたり、気持ちを入れたうたい方など勉強になりました。お蔭で今でも口ずさみます。ナレーターの方もアクセントなど大変だなあと思いました。本番では他の皆さんはさすがに落ち着いて、練習の時より気持ちの入れ方も素晴らしく、実力を発揮されているようでした。
 書道吟もあり、その後第二ブロックの師範の先生の吟があり、来賓の先生、本部役員の諸先生方、顧問、会長の吟詠と続きました。
 大会後の懇親会のカラオケ大会は盛況で時間が足りないぐらいでした。
 長年、詩吟のために尽力されている多くの諸先生方には本会にご臨席いただき感謝申し上げます。
 また、いろいろお世話下さったブロックの先生方、有難うございました。