平成29年度 少年・青壮年部勉強会


平成29年度 少年・青壮年部勉強会 ルポ

                                平成29年7月16日

 梅雨明け間近と思われる時期、少し動くだけで汗ばむ蒸し暑い日の午後、兵庫中央岳風会「少年・青壮年部勉強会」が神戸常盤アリーナ(兵庫県立文化体育館)の会議室において開催された。
  「吟道精神」の唱和、「朗詠」の合吟の後、齊藤友岳 少年・青壮年部長の開会の挨拶と、本日の講師の副会長 渡辺岳蒔先生が紹介されて勉強会は開始となった。
   
 開会挨拶 齊藤友岳 少年・青壮年部長        講師  副会長 渡辺岳蒔 先生

 講習のテーマは「俳諧歌」について。平成30年度より使用となる「資格審査課題詩」の奥伝の部の「翌もあり」と「念彿坊」を題材として、俳諧歌は素読が大変大切ということで一節ずつ先生に続いて素読を行い、模範吟に引き続き出席者全員で合吟にて学習。注意する点などの詳しい説明を頂きながら繰り返し繰り返し合吟にて実践研修した。
 講習の最後に総本部の来年の「全国俳諧歌吟詠大会」の課題詩である「痩せたる人を嗤咲ふ歌 大伴家持」を聞かせて頂いた。
  
                           
 小休憩を挟んで、本日の出席者の中より6名が指名され、本年度までの課題詩「老の身は」、「降りながら」と「老木桜」も含めた吟題を各々が吟じ、渡辺先生に聞いて頂いて個別に具体的なご指導を頂くと同時に、受講者全員へも俳諧歌について繰り返し詳しい説明と指導がなされ、最後に「老木桜」を全員で合吟したところで予定された2時間となり勉強会を終了した。
   
                        個別指導を受ける方々                                                                               (広報部)