第三ブロック吟詠大会を終えて(投稿)

       第三ブロック吟詠大会を終えて
                                         明日香支部 齊藤希風

 平成28年10月2日(日)、第10回第三ブロック吟詠大会に私も会員の一人として参加させて頂きました。
 高校1年の時に詩吟を始め、20代は仕事などで忙しくなり休んでいましたが、今回、ブロック長をしている母からブロック大会に参加して欲しいと言われ約10年振りに詩吟を再開しました。と、同時に小学5年生から習っていた剣舞も4月から12年振りに練習を始めたところだったので、「企画コーナー」で剣舞もやってほしいと言われ、「よし!頑張ろう」という気持で引き受けました。剣舞は元々好きだったので、約半年足らずの練習でしたが、なんとか体も慣れて本番を待ち望むようになりました。
 当日は朝8時過ぎに会場に着きましたが、すでに数人の役員の方々が来ておられ、他の役員の方々も次々に到着され会場設営が始まりました。懐かしいお顔の先生方に挨拶し、私も初めてのお手伝いを体験しました。

 午前中のプログラムもスムーズに進行していき、午後の休憩が終りいよいよ本番です!!和歌を吟じてくれる市野柚風さんとは当日初顔合わせでしたが、年も近いせいか意気が合い、また市野さんのきれいな声で吟じる和歌で気持ちよく舞う事が出来ました。
 さぁ次は、私の苦手とする詩吟です。剣舞を終えてすぐの出番だったので衣装のまま吟じました。マイクの前に立つのは本当に久しぶりでしたが、衣装を着ているおかげで少し冷静さを取り戻せたと思いました。が、やはり緊張し唇まで震えてしまいました。なんとか吟じ終わる事が出来ましたが、いつも褒めてくださっていた私の恩師の坂本岳迅先生がいらっしゃらなかったので少し寂しく感じました。しかし、向田岳陞先生や少年青壮年部でお世話になった水島洸岳先生が来賓で来ておられ、お褒めの言葉をかけてくださりとても嬉しく思いました。
 この度、久し振りにブロック大会に参加させて頂き、私自身とても良い緊張感を味わう事が出来ましたので、今後は苦手とする吟が少しでも上達できるよう努力してまいります。