菅岳梢先生吟歴35周年記念祝賀会ルポ

          菅岳梢先生の吟歴35周年記念祝賀会        
                                                平成28年4月16日
 
 菅岳梢先生の吟歴35周年記念祝賀会が、門下生の主催により神戸ポートピアホテルに於いて、岩野岳照会長はじめ兵庫中央岳風会の先生方、菅岳椿および菅岳梢門下生を合わせ総勢62名の出席の下、盛大に開催されました。
 この会は、県連一部・二部吟士権者、愛連吟士権者等、輝かしい吟歴を誇る菅岳梢先生を顕彰すべきとの声が菅岳椿および菅岳梢門下生の間で高まり、一年有余の準備期間を経てこのほど実現の運びとなったもの。
 記念写真撮影の後、本会の発起人代表で総合プロデューサーとも言うべき、三宅勁風先生の司会で開会が宣せられ、全員での「朗詠」合吟で祝賀会がスタートしました。
 岩野岳照会長の祝辞に引き続き、友人代表として小野岳礼副会長が祝辞を述べられた。ご両人とも岳梢先生が19歳でご母堂の岳椿先生の下で詩吟を志した頃から親しくご指導を頂いたこともあり、昔の岳梢先生にも触れられる等心に響く暖かいご祝辞となりました。
 引き続き、岩野岳照会長と小寺妙岳ブロック長および門下生から花束と記念品が岳梢先生に贈られ、また岳梢先生から恩師でもある岳椿先生にお礼の花束の贈呈が行われた。
 岳梢先生から謝辞が述べられましたが、時折感極まって言葉を詰まらせる場面もありました。
その後、岳梢先生の吟をバックに奥田鯉紅翔(鈴岳)先生の祝舞「松竹梅」が披露され、また、菅門下生の企画演出によるミニ構成吟「四季」が上演されました。
 立脇岳堯名誉会長の乾杯のご発声により祝宴を開始。宴もたけなわの頃、アトラクションとして、久田柊風さん(吟)と奈々依さん(演舞)母子による空手吟が披露され、奈々依さん(高一)の凛々しい演舞に総勢感嘆しきりでありました。続いて、門下生澤田泰山さんのクラシックギター演奏に移ると、何時もと違った雰囲気の泰山さんに驚きと賞賛、ヤンヤの喝采が起こりました。
 その後は先生方や当日の案内・受付等の役割を終えてリラックスした門下生達が各テーブルを回り、和気藹々の雰囲気の中で交歓や親睦を図ることができました。
 最後に向田岳陞常任顧問の音頭による万歳三唱で、盛会のうちにお開きとなりました。
                                              (太陽支部 細川青山)