創立60周年記念吟道大会

                創立60周年記念吟道大会
                                           平成27年11月29日
 志し尋ねてここに六十年記念大会晴れて迎えぬ・・・年の瀬の気配が忍び寄る11月29日(日)、各界よりたくさんのご来賓を迎え、兵庫中央岳風会の創立60周年記念吟道大会が神戸文化ホール中ホールにおいて盛大に開催された。

 開会式は国旗修礼と岳風会祖宗範木村岳風先生、当会創設者で初代会長原岳修先生の遺影への礼拝より開始され、国歌斉唱、朗詠吟詠、開会の辞と続き、大会会長でもある当会の岩野岳照会長の御製謹詠と進められた。
 次に祝賀の詞の祝舞が披露され、特別会賓の紹介の後、会員吟詠(合吟及び独吟)、師範吟詠(合吟)、姉妹会協賛吟詠(合吟)と続き、来賓吟詠(其の一)、(其の二)にて午前のプログラムを終了。
 昼食休憩の間には、祖宗範木村岳風先生のご生涯にわたる逸話が先生の吟詠とともに紹介された。


 午後のプログラムの最初はアトラクション。慶祝中国南獅獅子舞が神戸市立兵庫商業高等学校の龍獅團により演じられた。六頭の獅子が勇壮にまた滑稽に舞い踊り、最後は舞台から観客席に舞い降りて頭を噛み、皆々に福が授けられた。

 

  式典は当会副会長・大会実行委員長の渡辺岳蒔先生の挨拶より始まり、公益社団法人日本詩吟学院総本部理事長木部岳圭先生、兵庫県知事井戸敏三様ご代理、神戸市長久元喜造様ご代理、財団公認兵庫県吟剣詩舞道総連盟・兵庫県吟詠連盟会長山岡哲山先生より来賓祝辞を頂いた。続いて、学院総本部吟道会館建設資金寄附目録謹呈、感謝状・表彰状並びに記念品贈呈、祝電披露があり、岩野岳照会長による謝辞をもって式典を終了した。
 

 来賓吟詠(其の三)を挟み、企画構成番組「わが心のふるさと」(永遠の神戸懐古)。福原、一の谷における源平争乱、南北朝時代の湊川と大楠公、幕末の海軍操練所に関わる勝海舟と坂本龍馬、童謡・唱歌、摩耶山、須磨、明石、中崎、淡路島、神戸八景と神戸にまつわる物語が青柳流剣詩舞道の諸先生と当会の有志により演じられた。
 続く来賓吟詠(其の四)及び(其の五)は時間の都合により合吟とさせて頂き、兵庫中央岳風会役員吟詠は合吟のみで独吟を割愛、閉会式となった。閉会の辞の後、総本部副理事長𠮷岡岳東先生のご発声による万歳三唱で記念吟道大会は終了となった。
 晴れやかな記念大会無事終えて次なる歴史へ倦まず弛まず。
                                                   (広報部)


会員合吟の模様
 
                 第六ブロック女子の皆さん
 
                第四ブロック女子の皆さん
 
                第二・三ブロック女子の皆さん
 
               第一・五ブロック女子の皆さん               
 
               第四・第五・第六ブロック男子の皆さん
 
                第一・第二・第三ブロック男子の皆さん