兵庫中央岳風会 「新会旗」 入魂式

     兵庫中央岳風会 「新会旗」 入魂式が行われました。
                                                  2015.10.21
 
 秋晴れの平成27年10月21日(日曜日・庚午・大安)午前11時、湊川神社において兵庫中央岳風会「新会旗」入魂式がとり行われた。参列者は、名誉会長立脇岳堯先生、会長岩野岳照先生はじめ副会長、理事長、副理事長の7名の先生方。
  「新会旗」が本殿の奥、大きな鏡(ご神体)の直ぐ前に飾られて、神事は厳かに始められた。



まずは①修祓の儀が行われて、会長以下参列者全員低頭してお祓いを受け、続いて②神主による祝詞が奏上された。次には③金幤(金のぬさ)が会旗に授けられ、④神楽(剣の舞、鈴の舞)が奉納された。神楽が終って、⑤参列者に鈴が授けられた(低頭の上で鈴を鳴らす)。その後、⑥会長の手で玉串が奉納され、⑦斎主(神事を司る人)挨拶で入魂式は終了した。なお、旧会旗のお祓いは入魂式の後、行われた。

  「新会旗」は、11月29日開催の「創立60周年記念吟道大会」で初めて披露される模様。

 

                                                    (広報部)