「ふれあいの祭典」合吟競吟の練習始まる

        「ふれあいの祭典」合吟競吟の練習始まる
                                           平成26年7月25日
 毎年秋に開催される「ふれあいの祭典」は、楽、演劇、舞踊、美術、文芸等、多彩な分野で県内の文化振興と感動の交流の輪を広げる事を目的としていて、その一環である「吟剣詩舞道祭」は、今年は9月に姫路市にて開催されます。
 この大会に岳風会も兵庫県連合会として合吟競吟に参加し、毎年優秀な成績を残しています。その良き伝統を引き継ぐべく、今年も兵庫県中央労働センター・視聴覚室で練習を開始いたしました。今年の指導は、男性チームは渡辺洋岳先生(東播岳風会)、女性チームは山本岳推先生(兵庫岳風会)が当っておられ、練習会場設営などの世話は渉外部が毎年担当しています。
 
 
 


 「ふれあいの祭典」ひょうご吟剣詩舞道祭    入場無料
  開催日時:平成27年9月27日(日)午前9時30分~
  開催会場:姫路市文化センター(姫路市西延末426番地1)
              JR姫路駅「南口」神姫バス南ターミナル3番乗場から
              95・96・97系統「姫路文化センター前」下車。所要時間10分
  出吟者(兵庫中央岳風会関係者のみ記載 順不同)
  :男子 徳永博義、木村正弘、矢野弦治、堀尾正幸、内藤久雄、宮崎郁郎、長瀬幸範、
       島本清晴、中山勝彦、滝明孝至
  :女子 妹尾節子、児山静香、大森寿美子、井本あけ美、松浦泰子、黒田澄世
                                                    (広報部)
                                                      以上