26年度全支部長会議が開催された。

       26年度全支部長会議が開催された。
                                           平成26年6月15日
 よく晴れた「父の日」の午後1時30分、渡辺岳蒔・副会長の総合司会によって、26年度の全支部長会議が始まった。
 周知の通り、この会議は年1回の本部と全支部長との意思疎通を図る事を目的としており、今年度の運営方針を周知徹底させると共に、全支部からの意見要望を吸い上げ兵庫中央岳風会の更なる発展を図る場である。
 国旗礼拝・国歌斉唱・朗詠合吟・会詩合吟の後、立脇岳堯・会長と岩野岳照・会長代行から「来年の60周年行事、今年もコンクール開催の事、会員減少に歯止め」等を内容とする挨拶が有って、議事に入った。まず、前年度の事業実績の報告を松井岳濤・副理事長並びに各専門部長からなされ、続いて会長代行から今年度の運営方針について、会長からは支部会員増強と慰留についての話が有った。この後の意見要望・質疑質疑応答の時間では、多くの支部長から活発な意見要望が出されたが、「会員数の維持増強について」の意見が半数以上を占め、出席者の「会員減少の危機意識」が印象に残った。                                     閉会は午後4時。
                                                      (広報部)
 
                        会長 立脇岳堯

  
     会長代行・理事長 岩野岳照               副理事長 吉田岳頌

  
         2B 蔵岡支部長                      5B 三宅支部長

  
         5B 水谷支部長                      5B 前田支部長

  
         5B 大山支部長                      6B 宇野支部長

  
         6B 藤井支部長                     6B 和田支部長