第38回全国吟詠コンクール 近畿決勝大会ルポ

          第38回全国吟詠コンクール 近畿決勝大会
          
 平成26年8月3日、台風12号の影響で時折雨の降る比較的過ごし易い日曜日、全国吟詠コンクール近畿決勝大会が高槻現代劇場で開催された。第一会場の中ホールでは一般三部、第二会場では青年の部と一般二部、第三会場で幼・少の部と一般一部が同時進行で開催され、熱のこもった競吟が繰り広げられた。
 この大会の主催者は公益財団法人日本吟剣詩舞振興会で、昭和43年全国の吟剣詩舞愛好家によって設立された。初代会長はご存知笹川良一氏である。2代目が笹川鎮江さん(元日早朝のテレビ番組で拝見拝聴された方も多いでしょう)。現在は6代目菅原道雄氏である。夏季に北海道・東日本・中部・近畿・中国・四国・九州各地区の7地区で予選が開催され、9月には全国大会が開催される。

 今年の近畿の大会(全国への予選)では、兵庫中央岳風会からは一般一部の久田雅美さんが4位に入賞され、全国大会出吟権利を手にされた。来年は多くの会員が東京行きの切符を得られる様、祈っている。

(追記:写真提供が一般一部のみでした。悪しからず)
                             


      兵庫中央岳風会の入賞者(敬称略)
         一般一部  4 位 久田雅美
                入賞 菅美恵子、横山寿恵

         一般三部  7位 奥 涼子
               入賞 島谷陽子、花篤愛子、井本あけ美、前田 修
                        
                                                    (広報部)