25年度第五ブロック錬成会

 もどる

平成25年度 第五ブロック練成会開催 レポート
                          すずらん支部 三宅勁風

 平成25年2月24日、目映いばかりの晴天に恵まれた日曜日。資格審査会を目前に控えて、最良の合同練習会日和となった。 久々に無級(新入会員)の部が6名と、昨年を上回り、プログラムNO.も3桁となった。ただ残念な事に、近藤岳巵先生と水島洸岳先生が兵庫東播岳風会の記念大会に出席され、加えて菅梢岳先生が呉で開催されているクラウン吟詠家チャリティへの出吟を要請されて、当練成会を欠席されたのは誠に寂しい限りであった。練成会では、殆どの会員日頃の練習の成果を遺憾なく発揮されたが、数名は絶句などで失敗。審査会に向けての課題が見つかった事は、練成会の主旨達成か(?)。プログラムは予定時間通り順調に進み、トリに会員の要望に応えて、小野岳礼先生が「野ざらし紀行」を吟しられて終了した。

 続く第5ブロックの総会は事業報告、会計報告など、波瀾なく可決承認。役員改選では、ブロック長・小寺妙岳先生を支えて来られた3人の副ブロック長の内、稲森祥風さんが辞任。変わって、前田修風さんが就任された。

 総会終了後、直ちに(呑み助だけが)お待ちかねの懇親会が始まった。今回のお酒は一寸グレードを上げて、特選「白鶴飛翔」「菊正樽酒」を選定。女性向けに「チョーヤの梅酒」を配した。満足して頂けたな?予算に限り有って、カラオケの装置が調達出来ない為、吉川航山さんが一肌脱いでくれた。事前に聴取しておいた「十数曲」を馴染みのスナックへ行って、CDにカラオケのダウンロード。呑み代やダウンロード代がきっと高くついた事だろう。手弁当のカラオケ大会が最高潮に達したところで、全員で「星影のワルツ」を合唱してお開きとなった。