兵庫県吟詠連盟婦人部結成30周年記念吟詠大会ルポ

   「兵庫県吟詠連盟婦人部結成30周年記念吟詠大会ルポ

 晩秋の気配が日毎深まり、六甲山の紅葉も鮮やかな好季節を迎えた平成25年11月29日(金)、兵庫県吟詠連盟婦人部結成30周年記念吟詠大会が神戸文化ホール 中ホールに於いて開催されました。兵庫県吟詠連盟の一員である我が「兵庫中央岳風会」は「岳風会兵庫県連合会」として合吟2組、総勢46名が参加しました。

   
                        1.3.5ブロックの皆さん

   
                        2.4.6ブロックの皆さん

 婦人部結成30周年の式典では渡辺岳蒔先生が司会を担当、大会委員長原 瑞鳳先生の挨拶に始まり、兵庫県吟詠連盟会長山岡哲山先生の来賓祝辞を頂戴して後、花束贈呈が有って、続く祝電披露では向田岳陞兵庫中央岳風会名誉会長の電報が披露されました。
 午後の部に入り待ちに待った「女流吟士権者吟詠」があり、第二部指導者の部で平成22年度吟士権者菅 梢岳先生、平成16年度吟士権者奥 岳昌先生が独吟を披露され、誠に誇らしい思いで聴かせて頂きました。
 役員吟詠では、各流派が夫々の活動方針を披露してからの合吟となりました。岳風会兵庫県連合会は、小野岳礼先生が高らかに「私達岳風会兵庫県連合会女子は、それぞれの持つ個性を認め合い尊重し、吟道精神を広く伝えてゆくことを誓います」と活動方針を発表されて後、五十田岳純先生、長沢岳穂先生のお二人も加わって、姉妹会派の方々と合吟されました。本部役員吟詠では渡辺岳蒔先生が合吟に出場されました。
 フィナーレは会場全員で「富士山(石川丈山作)」を大合吟で締め、誠に華やかな大会も幕となりました。
 大会大成功誠におめでとうございます。
                                                    (広報部)