24年度第六ブロック吟道大会

 もどる

第六ブロック吟詠大会を終えて
                       第六ブロック長 西田岳凛

 平成二十四年十月八日、第六ブロック吟詠大会、快晴に恵まれ、空は真っ青、心が天気に映っているようです。
 

早朝より、会長・立脇岳堯先生、名誉会長・向田岳陞先生、理事長・岩野岳照先生を始め、ご来賓の先生方のご出席を頂き、誠に有難うございました。いつも以上の緊張と楽しみがありました。

無料で貸し出して頂けるという、簡単な思いつきから出発しましたスライド吟。あ〜どうしよう、でも迷ったら、「ゴー」との支部長さん達の頼もしい言葉に押され、走り出していました。三百枚以上の写真の中から選び、迷い、長い夏を過ごしましたが、とても楽しいことでした。構成吟も稚拙なものですが、写真、絵もなかなか難しいものでした。パソコンは凄いと改めて思い、色々なことが、こんなに出来ることに、「あ〜凄い」と何度も思い、「でもやりたい、知りたい」と願い思うと、必ず道は開ける!と何度も感じました。

人に頼ったり、教えを乞うたり、道は真っすぐに伸びて行きます。願えば叶う!! 望めば通ず!! 信じました。何とも幸せなことです。大切なノートパソコンを貸して下さった方、プロジェクターを手伝って下さった支部長さん。映るかどうか、心配で心配で。前日リハーサルでは映ったけれど、当日は映ってくれますか?

ナレータに続いて映し出された画像を見て、どんなに嬉しかったでしょう。吟も最高でした。各、担当の先生にご指導を頂き、みんな頑張ってくれました。

そしてもっと感動したことが有りました。最後に歌った「故郷」、懐かしい曲です。練習もしていないので、とても心配でした。
   











会場が一つになり、みんな誰ともなく立ち上がり、素晴らしい「故郷」の曲が中央労働センターの大ホールに満ちていました。思わず泣きそうでした。皆の気持ちが一つに重なっていると感じ、しみじみ嬉しいでした。第六ブロック、最高! 有難う、乾杯!! 胸が熱くなり、目もうるうる。そして最後はご来賓の先生方の吟も勉強させて頂き、大変満ち足りた一日でした。

 色々とお世話になりました皆様、有難う御座いました。今日の一日は、きっと何時までも私の中で生きて行きます。第六ブロック、最高です。